本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
日本人の死に時
日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書 く 1-2)日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書 く 1-2)
(2007/01)
久坂部 羊

商品詳細を見る
最初、つい立ち読みでほとんど読んでしまったが、入院のためにあらためて購入。

老人医療に携わる医師の立場から、「長生きの危険」、そして「ひとの死に時とは」を述べた本。

「本書は、長生きの良くない面にスポットを当てています。だから、基本的にはいやなことを書いています。なぜそんないやなことを書くかというと、ちまたにあふれる健康長寿情報にはあまりにウソが多いからです。そんなきれい事ばかりを聞かされていたら、この先どうなるのか。ますます老いや長生きが苦しくなってしまう。その危機感が強くあります。」

「はじめに」で、著者は上記のように述べた上で、誰もが考えたくなくて思考停止してしまいがちな、老い・死とは苦しく悲惨なものであるという現実を羅列。全身あちこちの老化によって日常生活がどれだけ苦しく困難になるか、誰もが年をとることは未経験であるがゆえに多かれ少なかれ自分の老いに戸惑わざるを得ないこと。寿命が尽きようとしている人が延命治療を受けても苦しみが長引くだけであること(でもいったん延命治療が始まってしまったら家族や医者も医療を止められず、簡単に死なせてくれない)。

「決して老人に早く死ね、と言っているわけではありません」とことわった上で、長生きすることの苦しさ、マイナス面をこれでもかこれでもかとあげている。確かに「いやなこと」ばかり書いてあるが、その視点・筆致は不快な感じはしない。生き物はみないずれ衰えて死んで行くわけだから。

「ピンピンコロリ」という言葉があるが、「コロリ」の「秘訣」は誰にもわからない。巷に溢れる「ピンピン」のためのバラ色の情報ばかりに目をそらさず、老い・死を意識してこその充足した生き方の自覚を促す本。

★★★
退院後、はじめて仕入れと買い物。重い荷物が下半身にズッシリくる。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.