本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ベジャールの「春の祭典」
去年お亡くなりになったモーリス・ベジャールが、1960年代に発表しセンセーションを巻き起こした「春の祭典」。もろセックスを表現した振り付けなど、いかにも60年代っぽい衝撃作という印象。あの「ボレロ」誕生のミューズとなったタニア・バリが「乙女」を踊っていたり、群舞のなかに浅川仁美もいたり、かつての「20世紀バレエ団」時代初期の貴重な映像。

- Le Sacre du Printemps - (1970) Partie 1

- Le Sacre du Printemps - (1970) Partie 2

- Le Sacre du Printemps - (1970) Partie 3

- Le Sacre du Printemps - (1970) Partie 4 (fin)


主役の男のほう、髪型のせいか藤岡弘に似てる。

★★★
姑が風邪。
咽が凄く痛いそうでインフルエンザを疑ったが、ただの風邪らしい。

お粥を煮る。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.