本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社

この商品の詳細を見る
評判のコミック。映画化もされるそうなので、その前に読んどこうか、と。正面きって感想を書くと、また小学生の書いた一行感想になってしまう重いお話。

過去と現在が交錯する場面が効果的にはさまれていて、あっと思わされる(七波が鍵を開けて部屋に入る、という行動にいつも一瞬ためらうのは何故か、とか)。

この本は泣けますよ系でオススメされる本なので、「くそー泣くもんか」ときばって読んだが、やはり落涙してしまうのであった。

★★★
一日外出せず。
2日分のたまった仕入れの処理にとりかかる。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.