本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
皇妃エリザベート―ハプスブルクの美神
ISBN:4422211250 単行本(ソフトカバー) 塚本 哲也 創元社 1997/02 ¥1,575

ヨーロッパの王侯貴族たちは血が濃く、特異な容貌の主は多くてもいわゆる美男美女はあまりいない。そんななかで抜きん出て美貌で有名なのがオーストリア帝国皇后エリザベート。いとこのルードヴィヒ二世とともに、ちょっとアレな性格と美しさが際立っている。

ふたりとも平凡な容姿だったら、もっと勤勉な統治者になってたかも…なわけないか。

有名どころからのリンクだが、この人たちの将来も気になる。↓

http://blog.livedoor.jp/koro_/archives/5943229.html

★★★
仕入れの山を処理。
今日は米が安い日なので買い物にも行き、また近場で仕入れ。棚が動いていたので買い込む。また山ができた。

夕食:日曜日に買って忘れ果てていた塩鮭を焼く。いただきものの豚肉をしょうが焼き、揚げと白菜の味噌汁
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.