本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
渋松対談Z
渋松対談Z 渋松対談Z
松村 雄策、渋谷 陽一 他 (2002/11)
ロッキングオン

この商品の詳細を見る
40過ぎても50過ぎてもなお闘争心溢れる渋谷氏と、それに絶妙の合いの手を入れる松村氏の対談というか漫談集第三弾。

かつて批判の対象であり、ライバル誌としていたミュージック・ライフの休刊。それに象徴される洋楽業界の深刻な衰退状況を憂いつつも、渋谷氏は邦楽雑誌もバッチリ成功させ、自社オフィスは引越しするたびに拡大してゆくらしく、へー、凄い、と感嘆させられた。

昔っから「渋松対談」はジジィ放談だ、ボケ老人対談だ、とか枯れたポーズをとりながら語られていたが、語る内容はいっこうに衰える気配をみせないのは、さすがロックっぽい。

対談内容とほとんど関係なく添えられている西原理恵子の挿絵マンガ。出産し、ダンナ(現在ではとっくに離婚済み)との関係が悪化してきた過程がさりげなく描かれていたりして。後半は山本直樹に交替。表紙も担当。

★★★
苦しいときの神頼みということで、お守りを買いに行く(今さら)。
七五三のファミリーがいっぱいで、場違いな自分たち。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.