本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
「風と共に去りぬ」のアメリカ―南部と人種問題
ISBN:4004304423 新書 青木 冨貴子 岩波書店 1996/04 ¥693

「風と共に去りぬ」をめぐって、今も複雑な相違のある南部と北部の人種問題を浮かび上がらせた書。

「つきあいが長い」だけに、「自由な」北部より南部のほうが黒人にとってある意味暮らしやすい、というのは目からウロコ。

映画へも人種問題の論争は絶えない。可哀想だったのは、スカーレットの小間使いで「おばかさんな黒人少女」を演じた女優が、その役柄ゆえに白人からも黒人からも蔑まれ、偽名で身を隠して暮らし、ひとりひっそりと亡くなっていた、というエピソードだった。

豊富なインタビューによる興味深い内容。

★★★
いつもの掃除。
前回の予約期間を逃してしまったので、今度は忘れないようにローソンで「どうでしょう」DVDを注文。
梱包用品一部特売なので、立ち寄る。プチプチ42メートル巻きも購入。しかしなぜ42メートルなのだろう。軽いけどかかえて2階まで運ぶのはちょっと大変。
仕入れもまぁ満足できる内容だった。

夕食:トンカツ、塩鯖、しじみの味噌汁
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.