本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
タフガイ用語の基礎知識
要はトリビア本なわけだが、本全体の“男気テイスト”演出が楽しい。

ずいぶん昔のLARK(タバコ)のCMを思い出した。

砂漠のど真ん中にある酒場に、夕暮れ時、一人のカウボーイがやってくる。ほこりっぽい店内はムサい男たちでいっぱい。彼らに負けないくらい男臭いカウボーイは店内でぷはーっと一服。そんな彼に熱い視線をおくる店内のネーちゃん。「Speak Lark」

放映当時、既にタバコ業界は“爽やか路線”に軌道修正していた。それなのに時代に逆らうかのようなマッチョなイメージのCMだったので印象深い。

それはさておき、この本で語られる「タフガイの必須知識」はというと、ヌーディスト・ビーチの場所、ハンガリー語で「乾杯!」、「セックス中に空想してオーガズムを早めること」の正式名称、芝刈り機レースの必勝法、ジミヘンの墓の場所、ガラガラヘビの料理法、危険な職業の種類、宇宙でウ●コをする方法、etc...

極北の地でゴルフをしたり、爆弾を解体したりしているごく普通のタフガイが、男同士で熱く語り合い、女を汗臭い魅力で引きつけ、悪者と戦って生き残るために必要不可欠な事柄がこの一冊でマスターできると。タフな殿方もいろいろ大変なのでございますね。

訳者あとがきによると、知人に「芝刈り機レース」を英国ビジネスマンたちとの話題に披露させたら、「なんで日本人がそんなことを知っているんだ!」と大ウケ、場は芝刈り機レース話で盛り上がった…らしい。芝刈り機は全力で疾走させると凄い迫力だそうで、ちょっと観てみたい。

★★★
髪がうっとおしいので、美容院へ。

さっぱりして気合が入ったので、根を詰めてやるべきことにとりかかり、終わらせる。ついでに気になった窓の桟の掃除をする。

夜、10数センチもあるムカデを廊下で発見。「発見してやったんだから捕るのは誰かやってくれ」という計算が脳内で瞬時に働き、絶叫して家人を呼び寄せ、駆除させる。風呂のかまどで火葬に処す。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.