本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
イギリス式時給900円から始める暮らし
他の著書と同じ内容なんだろうな、と思いつつパラ見したら面白そうだったので読む。

イギリス人の良い例と日本人の極端に悪い例を比較する手法は相変わらずだが、ヒネクレた態度で読み始めたわりにはけっこう良い読後感だった。

主に、進路に悩む若い人向けに書かれた内容。自分の生きがいだのなんだの漠然とした夢を見るのではなく、自分が人のために何ができるか、役立てることは何か、という現実的な行動を続けることで道は拓ける。「働くことは、自分の能力を社会に返すこと」。お金をかけずに等身大の自分でスタートし、無駄なモノを増やさない。

もちろん他の著書と同じ記述が沢山あったが、これからも惹かれるタイトルで出版される彼女の本はつい読んでしまうだろうな。

★★★
昨日借りた本はすぐ読んでしまったので、返却し、また借りてしまう。持っている本がいくつか図書館にあるのを確認し、自分のは処分しようかと思いつく。

気になっていたタンスの一区画を整理。詰め込んでいた雑誌の一部をスクラップし、あとは資源ゴミ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.