本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
「田舎の家」をたたむということ

現在都会に暮らし、田舎に家・田畑と老いた親がいる人が、いつかは直面する問題を語った本。著者自身がそういう立場なので、切実さと、でもとりあえず今はなんとか…という曖昧さがそのまま書かれている。

なにもかも不便な土地事情、田舎の家やつきあいをキープする大変さ、こういうことがあるからそもそも田舎から人は逃げ出し、さびれるわけで。

自分は配偶者の視点で読むので、なんとなくすっきりしない読後感だった。

★★★
市内で仕入れ。
2度外出してあれこれ用事をこなす。1度で済ませたいのだが、昼食時にいったん家に戻らなければならない。

仕入れ処理をおわったころ、恒例の片頭痛発作がやってきた。明日ぐらいまで続くだろう。

夕食:豚汁、厚揚げの煮物、鯖の塩焼き、青梗菜・ちりめんの卵とじ。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.