本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
のほほん雑記帳
オーケンこと大槻ケンヂが、バンド筋肉少女帯をやってた時代に書いたエッセイ。

大槻ケンヂと自分は同年代なので、彼が本や映画や音楽に傾倒していて暗い青春をおくっていた学生時代の思い出に深く共感。サブカル雑誌だった時代の「宝島」を読んでいたり、「ビックリハウス」に投稿しているようなヤツは日本全国どこのクラスでも浮きまくるって。

異性体験を綴った「オーケンのABC」。石野真子のグラビアを地球儀に貼り付けてキスしていた大槻少年(=小学生)。モテない暗い学生時代を経て、バンドで顔が売れて今までの怨念の反動でヤリ××になってゆく過程は可笑しいやら切ないやら(現在はどうなんでしょ)。

★★★
時々吹雪くなか、西へ仕入れ。

帰宅し、いつもの掃除。
玄関の巨大アロエの鉢がものすごく邪魔。どうして年寄りは置くスペースとのバランスを考えずに買うのか。脳内で幾度も叩き割っている。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.