本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ヘア・カルチャー
翻訳本なので、髪の色それぞれによるイメージ解説(金髪、茶髪といっても何種類もある)に多くをさかれている。女優、政治家などイメージを強く打ち出す必要のある人物の髪の色・型についてなるほど、と思わされた。しかし黒髪がないのはどうして?ライス国務長官のあの漆黒のストレートヘアも考え抜かれた髪型だと思う。

この本を読んで「ヴィダル・サスーン」が人の名前だということを初めて知った。ヘアカットにブランドを与えた、いわゆるカリスマ美容師の先駆者ってことになるのかな。営業戦略も斬新。映画「ローズマリーの赤ちゃん」でミア・ファローが劇中ばっさりショートにするが、ヴィダル・サスーンと映画のタイアップで、ヘアカットするところををライヴ中継したそうな。旧来の美容師たちとの対立、せれぶ~な顧客との関係とかも面白い。

ところで、美容院に行ったとき、「ヴィダル・サスーンって人の名前だったんですねぇ」と話したら、「は?何ですかそれ?」と言われた。


★★★
2年連続で使用していた手帳が、製造中止になったことをその会社のサイトで知る。望みのレイアウトのヤツをさんざん探してやっと見つけたのに。ま、さんざん探さなきゃならないほどマイナーだから売れなかったのだろう。とにかく早いとこ次の手帳を決めなくては。

昨夜からの雷で愛犬がダメージを受けて、ふるふる震えている。老犬になるにつれて過敏になってゆく。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.