本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
テレプシコーラ(8)
「ダ・ヴィンチ」連載も毎号読んでいるが、いつもどおりコミックスも購入。

「くるみ割り人形」のクララ役に抜擢された主人公・六花(ゆき)。とりたて上手でもないヒロインが大役に抜擢され、自分の未熟さや周囲からの嫉妬・プレッシャーに苦しむ、という展開はしょーじょ漫画黄金のパターンだ。

しかしご都合主義的に一足飛びで上手くなるのではなくて、感受性鋭い主人公が、それを諸刃の剣として傷つき、成長するというのが描かれている。このように悩み苦しんで成長する過程を描くのがホントに上手い、山岸先生。リアルタイムで連載読んでいるとヘタレな主人公にイライラするけど。

また、周囲からアドバイスされる、あの手この手のイメージトレーニング、メンタルヘルスケアの方法は、舞台人やスポーツ選手に実際に指導されるものらしい。オビにもあるように「不安になったら笑顔になるといい」とか「失敗した自分のイメージをブラックボックスへ捨ててしまえ」など、イメージによる精神のコントロール方法がいろいろ登場して面白い。

★★★
いつもの病院へゆき、常備薬をもらう。
医者との会話。
「背中は痛くないですか」
「痛くないです」
「すい臓が悪いとみぞおちの背中側が痛くなりますから」
「痛くないです」
「すい臓の検査しませんか。検査したほうがいいですよ」
「痛 く な い の で い い で す」

今月のレセプト点数が目標に達しないのだろうか、と勘ぐる。

七夕の時期、待合室に飾ってあった短冊に、「サッカーがうまくなりますように」「足がはやくなりたいです」という子どものお願いに混じって、「レセプトひと月30枚になりますように」という先生の短冊があって笑えた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして☆
訪問していただき、ありがとうございましたm(__)m
まだブログを始めて間もないですが、
良いモノや情報を紹介していきたいと思います。
これからも宜しくお願します。またお邪魔しますね♪
2005/11/30 (水) 21:40:16 | URL | nao #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.