本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
セキララ結婚生活
独身時代に読んで今も持っている。
この後、本人の続編も含めて続々と類似本が出たヒット作。

この本以前には、こういうほのぼの夫婦生活を綴るような書籍はあまりお目にかかれなかった(はず)。

「はじめに」に断り書きがあって、“ノロケてるだけじゃねーか!と非難してはいけません”“でないと結婚生活をわざと悪くとらえた情報(ナマの声)ばかりが耳にとびこむことになるぞ”のくだりは強く印象にのこった。

自分も言われたことがあるが、「結婚生活はそんなに甘いものじゃないわよ」とか結婚前の既婚者のアドバイス(?)は悲愴なものが多かった(「自分の貯金は秘密にしておきなさい」ってのもあったなぁ。自分は素直に助言通りに秘密にしてたけど。ていうか今も秘密)。結婚後も「どう?新婚生活の夢はだいぶ破られたんじゃない?」などといわれた。自分はそんなに夢見がちに見えたのだろうか。

本書は、いや、別に、こんなふうに暮らしてるだけですよ~、というあっけらかんと普段の生活を披露したのが、結婚を過度に深刻にとらえた巷の情報を蹴散らして、読んだ人の目からウロコ、だったのではないだろうか。

★★★
今日はゆとり日、ということで部屋を少し片付ける。同業者のブログを読んで、もっと商品の風通しをよくしなければ、とあらためて思う。

幼少時から数年で引越しをする生活だったので、強制的にモノが整理されてきた。しかし結婚以来10数年同じ家で、これからも何事もなければこのままだろう。このままではモノがたまる一方だ。いつもワンパターンな悩み。
関連記事

テーマ:感銘・共感した言葉 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
けらえいこの‥
「おきらくミセスの婦人くらぶ~」という本を、いつ買ったか思い出せないくらい昔に買って、昨日ちょうど、久しぶりに読んでみました。
「節約術は、女の趣味!」とか、面白かったです。
買ったときは、独身だったはずなので、今読むとまたポイントが違ったのかも。
あ~、おきらくミセス、だったはずなんだけどな~。ガックリ。
2005/11/22 (火) 22:43:05 | URL | まめぞー #EcuZKmTg[ 編集]
婦人くらぶ~
どうも~
自分も愛読してます。
「夫とインテリア」のくだりにウケてました。

「おきらくミセス」はこれから目指していけばいいじゃないですか。

砂漠の真ん中であてどもなく井戸を掘るより、外の世界に必ずあるオアシス目指して旅立つことをお勧めいたします。
2005/11/22 (火) 23:32:21 | URL | ヨモヤマ #iDwuzokA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.