本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
柿の実の思い出
…というと秋の日のほのぼのしたエピソードのタイトルのようだが、違うよ。

コメントをいただいた方のブログで思い出した去年のこと。

町工場を経営する義父に多大な負債をおっかぶせて、自分は自己破産したヤツがウチに訪ねてきた。負債のわけは、仕事がらみのつきあいで、ウチが連帯保証人になっていたからだ。コイツが自己破産したのはもう何年も前の話だが、ウチはいまだにその負債を返済し続けている。

何の用でソイツが来たのかは自分は知らないが、ソイツが帰ったあと義母から話をきいた。家の前には柿の木があり、ちょうど実がいっぱいなっていたのだが、こっちが「いいよ」とも何とも言わないのに沢山もいで帰っていったと。

柿の実ドロボーだよ、オマエは

ささいなエピソードだが、ヒトに借金おっかぶせるようなことをするヤツは、“ヒトのものも自分のもの”というジャイアン感覚なんだろうな。
彼女のブログに同じような経験者のコメントが続々とついているのを読むと、つくづく常識の通じない相手と関わることの悲劇を痛感する。

「山之内一豊の妻」の逸話は「山之内一豊」が結果として立派な男だったから美談となった。現代も「山之内一豊の妻」はいっぱいいるけど、肝心の「山之内一豊」は風俗やパチスロやデイトレードやネットワークビジネスするヤツばっかだっつーの。

★★★
車のオーディオが故障したので、ディーラーへ。
修理に2万円くらいかかると言われた。トホホ。

こんなときのためのヘソクリはあるけどね。

ちょっとヤケになったので、義母へランチを奢った。夫は留守だし、義父は弁当を持って出かけたので今日の昼は二人。こういう機会はめったにないので「誕生日と母の日と敬老の日を一緒くたにお祝いということで」と誘って出かける。海鮮丼とイクラ丼を食べる。久しぶりの良い嫁ブリッコ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
うわぁ!びっくりしました。
まめぞーです。
ありがとうございます。
びっくりしちゃいました。私のことを書いてくださっていて‥。

本当に、同じような悩みを持った方が多くて、つくづく考えさせられます。
常識の通じない相手のすることは、毎回どんなに覚悟をしていても、いつもその予想を上回っていて、その度に、ザックリ傷つきます。

本でも読んで、気晴らししたいのですが、手持ちの中で、手頃なものは読み尽くしてしまいました‥。
医者に「読書もいいけど、気楽なものをね。哲学書とか太宰治とか、読んじゃダメだよ」と言われました。
読めませんよ、そんな本。今こんな状態で‥‥。わりと本の内容に引きずりこまれちゃうんです、私。
どうしよう。また『パタリロ』1巻から読むかな‥77巻まであれば、しばらく何を読むか悩まなくてすむでしょう。(笑)
2005/11/05 (土) 21:39:25 | URL | まめぞー #EcuZKmTg[ 編集]
書かせていただきました
コメント、ありがとうございます。大変な状態なのに、あちらでも丁寧なコメントいただき、恐縮です。

お医者さんも面白い方ですな。はなから読む対象外ですよねぇ太宰なんて。

「親バカ~」シリーズを読むと、魔夜峰央氏は「パタリロ!」のぶっとんだギャグとは正反対の常識的な紳士なんだなぁ、とほのぼのした読後感です。「パタリロ!」もけっこう感動的しちゃうオチのお話も多いですしね。最近は読んでおりませんが、77巻までいっているんですか。どひー。

7月4日にレビューした「離婚ッ! まるごと体験コミック」は、おすすめして良いのかどうかわかりませんが、離婚の豆知識は得られます(笑)。
2005/11/05 (土) 22:27:59 | URL | ヨモヤマ #iDwuzokA[ 編集]
何を読もうか
「親バカ~」シリーズも持ってます(笑)
魔夜さん、確かにすごく常識的な紳士ですが、親バカすぎません?
「パタリロ」は、おそらく77巻が最新刊ですが、(最近本屋にあまりないのがツライ)、西遊記だの源氏物語だのもやってますね。

「離婚ッ! まるごと体験コミック」は、気になりますが、どうしよう‥。

この間は、「澁澤龍彦を読む!」という冒険に出てみましたが、案外癒されました。わからんもんです。
2005/11/05 (土) 23:22:40 | URL | まめぞー #EcuZKmTg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.