本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
隣の家の少女
本日グロネタ注意。
「あと味の悪い小説ベストテン」に必ず入る小説。
評判を知ってちょっと立ち読みしたが、なるほど、救いようのない結末。とても購買意欲が湧きません。ごめんなちゃい。

解説はスティーブン・キング。翻訳者があとがきで、キングが重大なネタバレをしているとゴシック文字で激しく警告している。が、あんまりな箇所のネタバレなので、読者はかえって心の準備(…)ができるような気もする。








この小説の少女・メグの人生は終わったが、終わらない地獄を生き続けている
←現実の人生
があるというのが、「隣の家の少女」によって想起される最大の欝。












★★★
市内をまわって仕入れ。
昨夜の夢見が悪かったせいか、妙な気分。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.