本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ポーの一族 ~春の夢~(萩尾望都)


40年ぶりのシリーズ新作。雑誌掲載時から読んでいたけど、コミックスでまとめて読むとまた感慨深いものがある。

単なる余韻にひたるエピソード的なものではなく、ストーリーの根幹にかかわる「一族の謎」展開もあって、今後その謎をさらに解き明かしてくれるのか、またもや作者と読者の寿命比べとなるのか…。うれしいやら不安やら。

「バルバラ異界」もそうだったけど、戦慄のノンフィクション「眠れない一族」の影響が本作にもあった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.