本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
さらば歯周病
ISBN:410610086X 新書 河田 克之 新潮社 2004/09 ¥714

読んでないけどリンク。

自分が行っている歯医者は、歯磨き指導が徹底している。最初はメンドクセーと思っていたが、一定の時間をかけた正しいブラッシングを欠かさずするのは大切なことだと思えるようになってきた(←なんだか直訳調文章…)。

始終食べ物を口にしていると、口内のPH値が歯の自然修復を妨げる値から戻らない、とか、食べ物の質・硬さなども生活習慣病とあわせて歯に影響を及ぼす、というのにも最近、本当に気をつけねば、と思う。自分の親たちの歯はかなり悲惨なことになっている。

★★★
実家のある市へ。
なんだかダルくて実家でまたも寝る。
家に戻ると近所に住んでいる夫の伯母さんがおられた。姑と姉妹の語らいをしている。

近所といっても歩くと結構な距離なので、自分が車で送ってゆく。そのついでに地元の歴史関連の本を借りた。地元から戦争で兵隊にとられた人たちの記録本もあって、いまは亡き伯母さんの夫のことも載っている。フィリピン沖で乗っていた輸送艦が撃沈され、二日間漂流の末、近くの島へ漂着、そこで終戦を迎えた、とか初めて知る。そんな修羅場を体験した人だったんだ…と存命中にそれを知らなかったことを少し残念に思う。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.