本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
新装版 なのはな(萩尾望都)
震災と原発事故の衝撃をモチーフにした短篇連作。…なので作者長年のファンだというのになかなか手が出せなかった。5年目ということで発行された新装版をやっと購入。



遅ればせながら読んだわけだが、いつ読んでも素晴らしい作品群であることは間違いなかった…。




「銀河鉄道の夜」とコラボした作品もあり、あの列車に大勢の人たちが乗っていってしまったのだなぁ、と思わせてくれることに創作作品が人に与える力を感じた。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.