本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
夢の雫、黄金の鳥籠 1~7巻(篠原 千絵)
連日の仕事疲れで気の迷いというか、まーた大長編になりそうなコミックに手を出してしまった。

大帝と呼ばれるトルコのスルタン・スレイマン一世の時代。ハレムに売られた奴隷から正式の妃にまで上り詰めた東欧生まれの寵姫がヒロイン。塩野七生のエッセイでおおまかな歴史を知っていたので、本コミックを読んで、え、これからどーすんの?という人物設定に戸惑う。ま、面白いけどね。「天は赤い河のほとり」でもそうだったけど、この作者の描くヒロインは、生まれ育った世界からいきなり異世界に放り込まれても、逞しく順応してのし上がっていくのが頼もしい。

それにしても、史実とのつじつまをどうあわせるのだろう…。

★★★
こっちにまわされる仕事がどんどん増える一方で、来月はもっと増えると。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.