本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
レモンの歴史 (「食」の図書館)
レモンの歴史 (「食」の図書館)レモンの歴史 (「食」の図書館)
(2014/11/27)
トビー ゾンネマン

商品詳細を見る
風邪ひきには魅力的なテーマ…というわけで「食」の図書館シリーズ最新巻。即買い。

料理に素晴らしい風味を加えることができ、漬けても、しぼっても、切っても美味しく、洗剤の香油としても使える果実。牛も、飼料に混ぜ込んだレモンの皮が大好き、とのこと。

栄養素の概念の無い時代、死に至る病・壊血病の特効薬として認識されつつも、その効果が失われやすい性質が災いして、なかなか病の克服へは至らないもどかしい歴史は、あちこちの本で何度読んでも興味深い。

★★★
熱は下がったが、咳がひどく、とうとう肋骨を痛めてしまった。調べると、肋骨って案外簡単に折れるのね。咳が原因で疲労骨折するのはわりとありふれているみたい。痛い…。

義母は秋口からずっと微熱があったりなかったりが続き(病院で色々な検査をしたが何も見つからない)、義父は帯状疱疹が長引き、このたび嫁が風邪をひき、夫に伝染。一家総倒れ。

秋の玄関前の工事のときに「お祓い」をしていないのがマズかったのではないか、という義父の友人の忠告で、さっそく神社にお祓いを依頼した。

その依頼へ出かけようと、義父が車庫から出る時に、車の端をひっかけて前部外装を破壊。修理へ。
…なんかもうね、立て続け。車まで。

早くお祓い済ませたい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.