本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
まんが医学の歴史(茨木 保)
まんが医学の歴史まんが医学の歴史
(2008/02/01)
茨木 保

商品詳細を見る
子供向け学習まんがみたいなタイトルだが、大人向け。まんがといえど、びっしり文字があって、かーなーりー読み応えがある。内容も濃いので読むのに数日要した。作者は現役医師である「がんばれ!猫山先生」のひと。

現代医学が、ここまでくるのにどれほどの時間と試行錯誤と多大な犠牲を払ったのか。医学の画期的発見とそれにかかわった人々を中心に紹介。その人たちがどういう最期をとげたのか、その死に様まで描かれているのがけっこう新鮮だった。

特に悲惨なのがゼンメルワイス。
医者や医学生が死体解剖をした不潔な手で、そのままお産を扱う。「病原微生物」の概念がない時代にはそんな恐ろしいことが普通に行われていた。原因はわからないながらもゼンメルワイスが「手を洗ってからお産を診る」ように指導すると、産婦の敗血症による死亡率は劇的に下がった。これほど明確な数字があっても彼の理論は生前なかなか認められず、不遇のまま狂死。他の医師たちにとってみれば、彼の理論を認めることは「妊婦を殺していたのは自分たち医師の“手”である」ということを認めなければならず、それは受け入れ難いことであったからだ。

どの項目もずっしり重い。
「歴史に学ぶ」のは本当に面白い。

★★★
「北里柴三郎」の偉大さも初めて知った。血清療法の素晴らしさも。その歴史を知ると、子供の混合ワクチンを拒否する親は、医療ネグレクトだよなぁ…とあらためて思う(最近、「ウチのコには“自然な”免疫がつけばいいと思っているので、予防接種一度も受けさせてませーん」という恐ろしいブログを知った)。

★★★
犬の噛み傷は(抗菌剤服用のおかげか)化膿することなく、一週間経過。破傷風の潜伏期間は3日~3週間ぐらいだそうだから、これを経過すればおしまい。過去に三種混合を確かに受けていればそういう心配も無いわけだが。

破傷風の話をしよう  y_tambeさんによる解説
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.