本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
医学探偵の歴史事件簿(小長谷 正明)
医学探偵の歴史事件簿 (岩波新書)医学探偵の歴史事件簿 (岩波新書)
(2014/02/21)
小長谷 正明

商品詳細を見る
歴史上著名人物を中心とした病気・医療の歴史。この手の内容は大好物なので、ちらほら知識は得ていたが、さらによく知ることができた。ほどよくミーハーで読みやすい。

独裁者たちの病や、「神の声」を聴いたジャンヌ・ダルクは側頭葉テンカンだったのではという説など、病気によって歴史が大きく変わる怖さ。さまざまな犠牲の上に発達してきた医学の大切さ。

ところで、1949年生まれの著者が「いまいち」を多用するのがちと不思議。この言葉、現代では当たり前のように使われるようになってしまって気になるんだよなー。TVでも、「いまひとつ」ってしゃべっているのに字幕で「いまいち」で書かれたりすることもある。

★★★
4月の新年度から自治会の副会長!会計担当!また帳簿が増えるのか~!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.