本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
面白いほど詰め込める勉強法(小谷野敦)
面白いほど詰め込める勉強法 究極の文系脳をつくる (幻冬舎新書)面白いほど詰め込める勉強法 究極の文系脳をつくる (幻冬舎新書)
(2013/09/28)
小谷野 敦

商品詳細を見る
タイトルは内容とはあまりあっていない。著者の勉強の自叙伝と、知識を得るためのエッセイというか…。著者のファンなので、豊富な読書量に裏打ちされた縦横無尽な論旨がいつもどおり面白い。

著者は大学院へ進んでから「英語の勉強が革命的に変わった」。ヘンリー・ジェイムズ作品を訳読する授業で、「まず大意を掴む、という考え方はとらず、単語一つ一つをゆるがせにせず、文法に則って隅から隅まで読んでいく、というやり方」に開眼した。「だいたい分かればいい」で学んできた著者には革命的衝撃だったとのこと。

自分も大学時代、同じような開眼をしたことを思い出した。自分の場合は日本古典文学で、ゼミの恩師の教えがまさに、一語一句ゆるがせにせず、徹底的に読み込み、分析するという教えだった。学問の手法としては当たり前といえば当たり前なのだろうが…。いままで自分がいかにいい加減なテキスト流し読みをしてきたか、やっと気づかされた。授業もとても面白く充実していて、卒論で、その恩師に「優」をもらえたのはとても嬉しかった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.