本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
天使の伝説
ISBN:4588007475 単行本 及川 馥 法政大学出版局 2002/09 ¥2,940

「天使」の都市伝説がある。ちょっとしたことから大きなことまで、思い返すと何とも不思議な出来事、出会い。そんなとき「あのとき自分が出会ったのは天使だったんだ」と思ってしまうこと。

度が過ぎると“電波”だが、そこまで強烈ではない、ほのぼの~とした喜びと心のやすらぎを与えてくれるエピソードが、現代の都市伝説となる(度をこしたのもある)。西欧ではそういうほのぼの本がけっこう出版されている。

仏教徒の日本人にとっては、ご先祖様のおかげ、…が近い感覚なのかな?

★★★
昨日からのズレが響いて、今日は小一時間早起きしてせっせと作業。
いつもの西への仕入れと、帰宅してからの掃除。

帰宅途中、ネズミ捕りが張っていて、対向車がパッシングで教えてくれた。
この対向車の人が今日の自分の天使♪ ちょっとほのぼの。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.