本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
「新型うつ病」のデタラメ(中嶋聡)
「新型うつ病」のデタラメ (新潮新書)「新型うつ病」のデタラメ (新潮新書)
(2012/06/15)
中嶋 聡

商品詳細を見る
「従来型うつ病」と最近急増している(らしい)「新型うつ病」の違いがよくわかる本。精神病理学の「うつ」研究の歴史解説がわかりやすかった。そして、現代に「新型うつ病」がこんなに増えた理由は、精神病理学の衰退による診断力の低下、現代人の精神力の低下、という素地があり、そこへ副作用が少なく比較的処方しやすい新薬SSRIが登場したことで一気に増加したため、という分析は納得。

生きていくためには乗り越えなければいけないレベルのストレスにかんたんにくじけてしまった人が、表層的な診断で「うつ病」と診断され、とりあえず効きそうなクスリをだらだらと処方される。診断書というお墨付きさえ得られれば、長期にわたって金銭的保障が受けられる…。つきあわされる周囲はたまりませんわな。

ストレスと日々向き合いながら働いている人や、本物の「うつ病」で苦しんでいる人がいるのに、こんな「患者」に診断書を書くことはできない、と医師である著者は拒否するポリシーを貫いているそうだ。でもその「患者」は簡単に診断書を書いてくれる他の病院を探すわけで。

「ありのままでいい」「無理しないでいい」とはよく聞く言葉だけど、ま、人は無理をしなければ進歩もしないで無駄に年をくうだけになっちゃうでしょうね。

★★★
新入りセキセイインコちゃんは、そろそろさし餌終了。餌をあげていると羽ばたいてあちこちに飛んでいってしまう。いちいちまた指に止まらせてさし餌。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
読みました
精神力の低下。
身近なところでも、日々如実に感じます。
2013/05/03 (金) 23:53:11 | URL | らん子 #xhD1mNs6[ 編集]
みんなそうかも
心身のチカラ、江戸時代とまでさかのぼらなくても、昭和初期ぐらいだったら、とっくに淘汰されていたかもしれないです、わたくし。
2013/05/04 (土) 08:55:02 | URL | ヨモヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.