本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
医療にたかるな(村上智彦)
医療にたかるな (新潮新書)医療にたかるな (新潮新書)
(2013/03/15)
村上 智彦

商品詳細を見る
タイトルも刺激的だが、中身はもっと刺激的。病気を誘発するだらしない生活態度のあげく医療費を使いまくる高齢者や、既得利権保守にのみ奔走する無能な行政・組合、取材もしないで間違ったことを報道するマスコミなど、ボロカスに糾弾。

夕張市の破綻は地元住民の「たかり体質」が大きな要因だ、その体質は日本全体に蔓延するものでもある、とか。

無能の集団が「みんなで考えましょう」「みんなで話し合いましょう」で誰も責任をとろうとせず、ちっとも何も決まらず何も進展しない暗愚さとか。

しかし決して口だけ、ではなく、著者が医療現場で感じた問題点や実行してきたその問題への処方箋が、わかりやすくまとめてある。立派な病院を建てても地域医療のためにはならない。生活習慣を改めて病気予防に努めるよう、地域住民みんなが自助努力したほうがよっぽど医療費節約になるという効果が数字に表れている。

言いにくいことをはっきりと書いて、未来のために正しく怒りまくる著者の強さに感嘆。

病院の待合室に置いておけばいいんじゃないのか、この本。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.