本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
グレース・ケリー ~愛されたくて
まんがグリム童話 (グレース・ケリー愛されたくて)まんがグリム童話 (グレース・ケリー愛されたくて)
(2006/06)
かたおか みさお、島村 洋子 他

商品詳細を見る
伝記コミック。あまり期待しないで読んだが意外に面白かった。

上流階級出身の気品のある美貌、次々に出演作品に恵まれ、アカデミー主演女優賞を得るなどスター街道まっしぐら。キャリアの絶頂期で女優を辞め、モナコ公王の妻となる。

そんな彼女は実は、敬愛する父親からの冷遇に苦しみ、認められたい、愛されたいと願い続けていた…という内容。「居場所の無い」家に育った彼女が「演ずること」を武器に自分の道を切り開いていく。ただ、自分が何者であるか自分が決めるのではなく、「他人が自分をどう見るか」でそれを演じる一生であった。

彼女の父親は地元で銅像が建つほどの名士だというが、女優グレース・ケリー、モナコ公妃グレース・ケリーに比べれば、ローカル有名人。そこまでのコンプレックスは不思議な気もするが、オスカー受賞時のグレースが、「これで私もケリー家の一員になれました」と発言したのは事実だそうなので、この評伝マンガはそれなりのリアリティがあるのだろう。

ABC News - Sept. 14, 1982 Grace Kelly Dies


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.