本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ヘウレーカ(岩明 均)
ヘウレーカ (ジェッツコミックス)ヘウレーカ (ジェッツコミックス)
(2002/12/19)
岩明 均

商品詳細を見る
悲恋ロマンス、ローマ帝国対カルタゴ(のうちシラクサ攻防戦)、アルキメデスが一冊に凝縮。時代背景をよく知らなくても大丈夫、盛り上がるところは盛り上がり、壮大な歴史の一場面が簡潔にまとまっている。

悲恋の主人公は、スパルタ人という出自に似合わず文系軟弱男子風に登場するが、決めるところはビシッと決める。素敵。

アルキメデスのボケ老人キャラクターと、その天才ぶり、発案した兵器の凶悪さの対比。すさまじい殺戮描写が繰り広げられる。人が虫ケラのようにバタバタと死んでゆく非道な描写はこの作者は上手いわ…。

ハンニバルが強烈にカッコ良く登場するが、出番は冒頭のホンの数ページだけ!ちょっとーこのあとどうなるのー!と、塩野七生のハンニバル戦記を読みたくなってくる。

…というふうに、読後はその史実をより詳しく知りたくなる秀逸な歴史マンガ。

★★★
事務室のエアコンがますます効きが弱くなってきたので、あきらめて買うことに。混雑しているだろうなぁと予想していたとおり、工事予定はお盆明け。

ダイキンのサイトを読んでいたら、エアコンの寿命は10~13年ぐらいらしい。過去を思うとだいたいそんなもんだったな。一日でもエアコン無しじゃヤバい!という部屋のエアコンは、壊れていなくても早めに買い換えたほうが安心かも。もったいないけど。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.