本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ゆうゆう 2012年 2月号
ゆうゆう 2012年 2月号ゆうゆう 2012年 2月号
(2011/12/28)
不明

商品詳細を見る
中高年女性向け雑誌で、この号に「今年こそ、親の家を片付ける」という記事があるのを2ちゃんねるの掃除板から知り、それだけを読むためにマケプレで購入。

雑誌対象者である50~60代のひとが、70~80代の親の死や要介護などで直面した親の家片付け顛末の体験記。どの体験記も、家中ぎっしり仕舞いこまれた大量のモノに途方にくれ、仕方がないから捨てて捨てて捨てまくる。戦後の物資不足から高度経済成長を体験してきた世代は多かれ少なかれこんなもんだろうが、別居していたもう若くない子世代がイッキにそれを始末しようとするのはむちゃくちゃ大変。

「わたしたちが帰省したときにはせんべい布団だったのに、長持から新品の布団が10枚以上出てきました」。その布団は第二次大戦時、移動中の兵隊さんの宿泊用だったというから、いくら新品でもカビ臭いんじゃ…。

「片付けの苦手な母は、なんとかなると言い続けてきました。結局なんとかするのは長女のわたし」と書く、要介護の老母をひきとった人は、「母に対する恨みが残り」「あれから6年、実家の片づけの辛さを思い出すといまだに怒りがこみ上げてきます」なんて書いていて、その後の老母との介護生活を想像するとホラーだ。

記事は8ページだけなんだけど、熟読してしまった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.