本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
家の補修六日目
昨日は遅くまで作業されていたのでよくわからなかったが、朝の光でよく見ると、廊下の残りは敷居そばのほんのちょっとだけだった。あと、台所に棚を作ってもらった。片づけをして、お茶で談笑。昼前に終了。

後日、換気扇フードが届いたときに設置してもらえば作業は完了。

…今日の分の日当はいくらで請求されるのだろうか。見積もり以降、具体的なお金の話はしていない。見積もりからどんだけオーバーするかドキドキ。

午後から、家の内外を大掃除。床や畳や障子の桟やらに、掃いても拭いても木の粉。新しい床はゴミが目立つし、これからマメに掃除し続けるしかないだろうなぁ。ま、今までの掃除しても空しいボロ床のことを思えば、やりがいがあるよなぁ。義母はモップとかにすれば?というが、わたくしは身体が動く限り、這いつくばって雑巾がけする所存でございます(ドヤ顔)。

外には古い床板のゴミが大量にある。無垢ではなく、ベニヤ板に木目調とかのビニールが貼ってあるタイプなので、風呂で焚くのはビニール層が剥がれたものでなければいけない。剥がすのも結構な手間で、取りきれないベニヤがくっついたままのは、これから何ヶ月もかけて少しずつゴミに出していこうかと思う。無理にたくさんゴミ袋に詰め込むと、端がとがっているので袋が破れる。

このゴミ出しの面倒くささが、消費低迷を招いている一因ではないかと!面倒くさい作業をしながら思ったりして。

★★★
峠を越えた先にあるウチのもういっこの工場。近くの人が運転を誤って、工場の壁を一部破損してしまった。ドラム缶が置いてあるところへ当たったので、多少衝撃がやわらいだらしく、中の機械や電気系統に影響なし。けが人も無し。とはいっても工場の壁、ガラス、ドラム缶&内容物に被害。

相手の保険会社代理店担当は、なんとウチの自治会のひと。ああ、何処もかしこも知り合いだらけ。

あまりメジャーな保険会社じゃないらしく、月曜日に調べに来るから現状維持しといてくれだって。土日は見てくれないのー!?
相手の保険が対物無制限であることを祈るのみ。

いろんなことが起こるな、もー。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.