本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
今年も廃材と格闘
天気が良いので、廃材の最後の山に手をつける。そもそも上半身トレーニングも兼ねて始めたこの作業、当初は持ち上げる気にもなれなかったぶっとい木もいつのまにか担いで運べるようになっていた。

とはいってもどうしても持ち上げられない大物が数本残ったので、地面にできるだけ接しないように土手に立て掛けておく。一応「山」は片付いた。

全身汗びっしょり。冷えないうちにシャワーを浴びてさっぱりし、あとは事務仕事。
肉体労働とデスクワークの程よくバランスのとれた日は充実感がある。

3月並みの暖かい一日だった。

読書も連日しているんだけど、なかなか感想を書くところまでいけないなぁ。

弱者の居場所がない社会――貧困・格差と社会的包摂 (講談社現代新書)弱者の居場所がない社会――貧困・格差と社会的包摂 (講談社現代新書)
(2011/12/16)
阿部 彩

商品詳細を見る


アフリカの飢えた人々に比べれば!というような次元の違う話ではなく、実情に即した相対的な貧困をきちんと定義していて、なるほどと思った。格差・貧困に厳しい社会は、結局誰にとっても厳しい社会になる。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.