本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
12月9日
あれからずっと薪…というか廃材をえっちらおっちら連日運んでいる。

雨に濡れずに薪を乾かせる場所が限られているので、積んである場所から下ろす→雨ざらしの場所に立てかける→軒下の上のほうだけ濡れない場所へ移動する→全部濡れない場所に移動する→風呂の焚き口近くへ移動する→焚く、という流れで順繰り移動。

それを毎日。

上半身が鍛えられるかどうかは定かでないが、そろそろ腰痛が出てきた。でもアツアツの風呂が大好きなので、喜んでやってる。

昔読んだ倉田江美のマンガにこういう場面があった。↓

退職してヒマな老父の趣味が、近所の八百屋からもらってきた木箱を庭で燃やすこと。焼け残ったクギを売ってそのお金でまた八百屋から木箱を譲ってもらう。「だめだ、魔の永久運動だわ」と娘があきれる。

ウチは風呂を沸かして、クギも現金化して会社の収入にしているから、フツーにリサイクル。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.