本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
鉄拳クロニクル
ISBN:4797324031 大型本 エンタテインメント書籍編集部 ソフトバンク 2003/09/30 ¥2,730

画像が欲しかっただけ。

家はとなりに仕事場である工場がある。今日は、古くなった機械を別の工場へ移動する。知り合いのツテで工務関係の3人の男性に手伝いに来てもらったわけだが、ボスがゲーム「鉄拳」の平八そっくりなオヤジなんだなこれが。

オヤジとその弟、オヤジの息子のファミリーなのだが、お互い怒鳴りあいながら仕事をするのがデフォルトの家系らしく、罵声が途切れることなく続く。いっしょに働いているウチの夫や義父たちには普通に話しかけ、ファミリー内では激しい罵声。さぞかし彼らの家庭は賑やかだろう。

「あの怒鳴り声がアタマにこびりついた…」
という夫。

「ぅらぁ、早ぉ風呂入らんかい!」
「やかーしぃ!いま入ろうと思っとったところだわい」
と、しばらく「平八ファミリーごっこ」が止まらない。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.