本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
9月17日
「矯正展」をやっているのを知り、久しぶりに行ってみたくなった。今日だけの催しなので、姑を誘って一緒に行く。

…なんて常にないことを思い立ってしたのがマズかったのか、駐車場で左折時路肩に乗り上げてガリガリガリ!「あー!やっちゃった、あー」と絶叫。下りて見ると、前進すれば路肩から脱出できるようになっていたので、ふたたびガリガリガリガリと音を響かせながら脱出。姑に「うちのじーさんはそういうことしょっちゅうだって。よくあること」と慰めてもらう。

いちおう展示も見たけど、脳内でお札がヒラヒラと飛んでいっているので、気もそぞろ。

帰宅して夫に見てもらったら、すぐ修理して済む程度だった。外れかけてグラグラしているのは、後からつけた泥よけパーツで、三箇所とめてあるうちの一本のビスが外れていた(現場に落としたかもしれないが、見てない…)。あとの二本を締め直し、端を瞬間接着剤でとめて修理完了。

「この接着剤でとめたところ、“オランダの堤防を守った少年”みたいに一晩中押さえとくんですね!」と言ったけど、夫はこの逸話を知らないのでスベった。

気持ちが落ち着いてようやく展示品のあれこれを思い出し、「獄」マーク入りのグッズを買っておけばよかったー!と後悔しながらふて寝。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.