本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2
無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)
(2010/09/01)
春日 武彦、平山 夢明 他

商品詳細を見る
春日武彦氏(精神科医)と平山夢明氏(作家)の対談本その2。最初の本でも冒頭の「面倒くさい」が狂いのはじまり、からなるほどなぁと思いつつ、「いいんですか、そんなこと言っても」のオンパレードだったけど、今回もそのノリが続く。春日氏の患者さんとかご家族はこの本を読むのだろうか…?

「ちゃんと子どものときに(昆虫とか)殺しとかなきゃ」と“殺育”を推奨。あれ?こういうことをいっている文章、むかしどこかで読んだけど誰だっただろう。自分の読書歴を思うにSF作家の誰かだったような気がする。

★★★
古トラックにサヨナラ、新トラックの保険手続きも完了。あー、すんだすんだ。あとは帳簿の仕訳なんだけど、税理士事務所から5月・6月分のチェックがまだ返ってこない。返却時に訊こうと思っているのに。

★★★
義父母の家庭菜園。キュウリ地獄がひと段落ついたら今度はトマト地獄が始まった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.