本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
紫式部日記(ビギナーズ・クラシックス)
紫式部日記  ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)
(2009/04/25)
紫式部

商品詳細を見る
清少納言をボロカスにけなした箇所が特に有名。おかげで、ちょっとそれってどうなのと、あまりいい印象がなかった紫式部。この本の平易な解説と本文でその悪印象が払拭された。

当時の慣習として人前に顔を出すことがほとんどない生活をしていた主婦(その後未亡人)・紫式部。「源氏物語」が評判となり、女房として採用され宮中に出仕することとなる。しかし職場の先輩女房たちから冷たく無視され、わずか数日で逃げ出してまた家に引きこもってしまう。

そんな彼女がふたたび出仕し、徐々に同僚たちや女主人(中宮・彰子)の信頼を得、女房という職務がいかにあるべきかを説くまでになっていく。“職業婦人”として成長していく紫式部の姿が生き生きと解説されていて、なかなか新鮮な構成。

清少納言を徹底的にケナしたのも、その背景を知っていくと意図が理解できる。紫式部が出仕したとき、すでに清少納言とその女主人(中宮・定子)は政治的に敗北していて、定子はこの世を去り、清少納言も宮中から消え去っていた。しかし「枕草子」の描写によって、定子サロンはいつまでもその存在を人々に強烈に印象付け続けている。機智溢れる女房たちが仕える明るく華やかだった定子サロン。対して現在、未熟な女房たちしかいない地味でつまらない彰子サロン。

彰子サロンをもっともっとみんなで盛り立てなければ!そう奮起する紫式部にとって、清少納言と「枕草子」は踏み越えて行かなければならない存在。そういう意図もあってあのボロカス批評となる…と。

角川文庫ビギナーズ・クラシックスの一冊。この「紫式部日記」がとても面白かったので、「枕草子」も手にとってみたがこっちの構成は平凡だった(橋本治の桃尻語訳版を読んだほうがいい)。編者によって面白さにバラつきがあるシリーズみたいだ。次は「大鏡」を読んでみる。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.