本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
アオイホノオ 2(島本和彦)
アオイホノオ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2009/05/11)
島本 和彦

商品詳細を見る
2巻目。冒頭、アニメの「ドラマ編」LPレコードを聴くホノオ君…。ビデオが無い時代、自分でカセットテープに録音したTV放映音源か、「ドラマ編」LPレコードを再生して、脳内リプレイするしかなかった。

ウチは新しモン好きの父のおかげで比較的早くビデオデッキがあったけど、初期機種だったから「静止画像」や「コマ送り」もできないヤツだったなぁ。それでも友達からは羨ましがられたもんだった。

自分はサンデーやスピリッツ創刊時の読者ではなかったので、あだち充や高橋留美子のエピソードには、へー、あの当時はそれほど画期的だったのかー。と思った。

本屋のおばちゃんがTV放映の「イデオン」を観ながら、「これ、おばちゃん、難しゅうて、ようわからんねんやけど、オモロい?」とホノオ君に訪ねるシーン。旧来のロボットアニメを観る感覚で観ていてはきっとわけがわからないアニメ、イデオン。

それよりも、トン子先輩が何を考えているかのほうがよくわからない…。魔性の女?

★★★
先日お会いした恩師から、こないだのお礼にと、特産のネギが届く。別便で論文集もどっさり届く。ネギと論文。ネギは今夜の鍋でさっそくいただき、論文は自分のオツムに不安を感じつつこれから読む。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.