本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
神は細部に宿るのよ(1)(久世番子)
神は細部に宿るのよ(1) (ワイドKC キス)神は細部に宿るのよ(1) (ワイドKC キス)
(2010/08/11)
久世 番子

商品詳細を見る
タイトルではわからないけど、ファッションエッセイ。わたくしも「オシャレ川下住人」なので深くうなずきながらイッキ読みだ。グレーのパーカー持ってるよ。

さりげなく読書(マンガ)ネタとお洋服をからめているのがあちこちあってイイ。

「試着室の脱皮」(サイズがキツくて脱げん!)を井伏鱒二の「山椒魚」とかけているとこ大笑い。店員に「ウエストゴムでストレッチ素材なのでとーってもはきやすいんですよ!」とすすめられたパンツがピチピチ。「ゴムもストレッチも伸びきったらただの布よ!」と悶えるところに「山椒魚」よりの抜粋→「なんたる失策であることか!」

レースがピラピラの服は「“天人唐草服”発見」!(天人唐草=山岸凉子の傑作トラウマ漫画)とか、パーティに着てゆく服がない、そーだ!カーテンをドレスに!とか(これの原点は“風と共に去りぬ”だろうか?)。

ほかにも「昭和のオシャレ知識は役に立たない」「母世代は“裏地つき”=上等な服」「自宅学習系浪人」うなずきまくり。久世番子のコミックエッセイにハズレ無し。

★★★
ここ数日頭痛回数が増える。またもや去年の日記をひっぱりだしてみると同じ頃頻繁に頭痛が…季節のせいか。去年は老眼のせいかと思ってメガネを新調してた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.