本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
11月1日
病院へ行く。先週からネットで調べまくり続け(←またこのパターン…)、どうしたいのか自分の中で決めたので。

本当は長年お世話になったところへ行きたかった気もするが、ここはトンでもなく待たされる(予約してもおそらく数週間先にやっと食い込めて、予約診察日に行っても3時間待ち)ところになってしまったので、2年前に手術したことのある総合病院へ。

待ち時間は1時間半弱。ま、フツーですね。なかなか読みきれなかった新書を2冊クリア。

で、希望を告げると「いいですよ」あっさりOK。MRIとかの検査をしてからかな…と想像していたので拍子抜け。服薬の副作用を軽減するため、服薬を始める前に注射をすすめられる。「なんなら今日注射できますよ」といわれたので願ったりかなったり、注射してもらった。次の注射は四週間後、そのあと服薬スタートということで、本日は終了。

この注射を打つのは13年ぶり。当時はどうだったかなーと思って、昔の日記帳をひっぱりだして読んでみると、その当時のキツい精神状態がめんめんと綴られていて、過去の自分ながら哀れをもよおす。あの時代は不確実な結果をめざしてえんえんと走り続けていた。その勝負を下りた今は、とにかくラクチンな身体になりたいだけ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.