本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
消えたマンガ家―アッパー系の巻
消えたマンガ家―アッパー系の巻 (新潮OH!文庫)消えたマンガ家―アッパー系の巻 (新潮OH!文庫)
(2000/12)
大泉 実成

商品詳細を見る
山本鈴美香が教祖(巫女)となっている「神山会」への潜入ルポが読み返したくなって再読。このルポが書かれてからもう十数年経っているのだが、現在どうなっているのだろうか。「エースをねらえ!」単行本や関連のキャラクター商品などは現在も発売され続けているので、信者のお布施以外の収入もあるんだろうけど。

漫画家現役時代の「絶対にアシスタントに行ってはいけない漫画家、不動のナンバー1・山本鈴美香」伝説も怖い。アシスタントが給与袋をみると、お金は入っておらず「請求書」が入っているとか。ほかにも電気代・水道代を請求されるとか。実際、背後でネジ巻いているのは山本鈴美香の実父だそうだが(かの高名な山本鈴美香に師事できるのだから、アシスタントのほうが金払え、という理屈らしい)。

萩尾望都と親との確執にも似たような話があった。

文藝別冊 萩尾望都 インタビュー記事より↓

萩尾 アシスタントさんにアシスタント料を払うじゃないですか、そうすると父が「なんで払うんだ、普通はお弟子さんがお金を持ってくるんだよ」と。私は絵の塾をやっているんじゃないんだけど、父の感覚ではまあそうなんですね。3年間ずーっと説明したんだけど、とうとうわかんない。それでもう最後に大ゲンカになって。

どうしてそれがわからないのか、読んでいるこっちも不思議でしょうがない。

で、山本鈴美香だが、「七つの黄金郷」も未完のままで、読み続けてきたファンを20年以上放置プレイ。教祖様になって信者を救うより、まず自分の読者を救ったほうがよほど功徳になると思うが。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.