本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ダ・ヴィンチ 2010年 10月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2010年 10月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/09/06)
不明

商品詳細を見る
表紙にデカデカと、山岸凉子『テレプシコーラ』ついに最終回!…の文字が。

コミック界ではニュースだ。10年も経ってたのか。

あまりにも突然の最終回。最終ページが「主人公と空」って、まるでジャンプ誌の打ち切り。

もうとにかくいろいろなことが読者の想像におまかせ状態となっていて、残念ではあるが、連載終了後も読者を果てしない妄想へ誘うという点では良い終わり方かもしれない。なんでもかんでも逐一説明すりゃいいってもんじゃないし。

最終回を読んで思ったこと。
●六花をオヤジ2人が取り合いするところ萌え。
●完全に消えてしまった“天才少女”双葉のことをみんな覚えてますか~?(母娘二人で気合の入った登場だっただけに哀れすぎる…)。
●五嶋先生がマイルドに。六花にキツくない五嶋先生なんて五嶋先生じゃない!
●お母さんはあいかわらずキビしいですね。
●来月号番外編って来月もまたダヴィンチ買わなきゃいかんのか。どーでもいいことだが、番外編タイトル「六花のHバレエ学校」…そのイニシャルだとエロい内容かと。

「Hバレエ学校」生徒の公演

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.