本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ほんとうの「食の安全」を考える
ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)
(2009/11/30)
畝山 智香子

商品詳細を見る
「リスク分散」の観点から「食の安全」を解いた内容。

農薬・食品添加物は厳重に試験され、そのリスクは普通に摂取するかぎり全く問題無いレベルでコントロール・使用されている。

そもそも食物自体、そのほとんどが未知の“自然な”化学物質の塊である(たとえばトマトを組成している大量の種類の物質を、人体にどのような影響があるかなどいちいち全部審査などしていない)。

「現在の日本で食品添加物や残留農薬が食の安全にとって問題だということを言っている専門家は信頼するに足りません。それ以上その人の書いたものを読んだり話を聞いたりする必要はありません。結局のところこれさえ食べれば(あるいは食べなければ)病気にならないとか長生きできるというような魔法の健康食品や健康法は存在しないし、100パーセント悪いだけの食品もないという平凡でつまらない事実しか残らないのです。」

安全のためには、リスク分散の観点から、なるべく数多くの食材を広く浅くバランス良く摂取する、に尽きるわけだ。地産地消ってのも、リスク分散という点から見ると、決して良いことでは無い。経済効果はさておき。

読後は、食品添加物だとか残留農薬だとかの危険性のセンセーショナルな報道がいかに偏っているかがわかる。それと「天然だから安心・安全」とうたっている商品のうさんくささ度もぐんぐんアップ。

★★★
裏の畑でとれたキュウリ、人がくれるキュウリ、キュウリ地獄の毎日。漬けたキュウリもどっさり。もう旬は堪能しつくしたよ…。リスク分散…。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.