本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
爪王 野生伝説(矢口高雄 自然シリーズ)
野性伝説(5)爪王(下) (講談社漫画文庫―矢口高雄自然シリーズ)野性伝説(5)爪王(下) (講談社漫画文庫―矢口高雄自然シリーズ)
(2003/11/12)
矢口 高雄

商品詳細を見る
「羆風」と同様、矢口高雄による戸川幸夫原作のコミック化。

昭和、高度成長期の山村を舞台に、老練な鷹匠と鷹との深い絆を描く。

上下巻どちらにも矢口高雄のあとがきがあり、自分の鷹匠に関する子ども時代の思い出と、コミック化するにあたって、文字なら1~2行で終わる描写でもコミックならコマ&ページを費やさねば効果が出ない場合もあること、訓練のために動物を殺すシーンのナイーブな問題を回避する描写を付け加えたこと、というような充実したあとがきとなっている。

読んで思い出したのだが、原作小説は確か高校の現代国語の教科書に載っていた。懐かしい。宿敵“赤狐”との闘いで重症を負った吹雪(←鷹の名前)を治療する描写が痛そうだったのと、訓練の褒美に生肉が与えられる描写がなんだか美味しそうだったのを覚えている。…本筋にあまり関係無いとこばかりだな。

★★★
読みたい本があったので、市立図書館へ。いつもついでに夫のためのカメラ雑誌も借りるのだが、予算削減でもあったのだろうか、いままで二種類のカメラ雑誌が定期購入されていたのに、一誌に減らされていた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.