本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
怪奇・怨霊・宇宙人 衝撃!超常現象映画の世界
怪奇・怨霊・宇宙人 衝撃!超常現象映画の世界 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)怪奇・怨霊・宇宙人 衝撃!超常現象映画の世界 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
(2010/04/08)
山崎圭司宇多丸(ライムスター)

商品詳細を見る
「映画秘宝」本。タイトル、カバーイラストやグラビアページがわかる人にはわかるだろうけど1970年代のジャリ向けのいかがわしい怪奇本風になっていてノリノリです…懐かしい。

内容はタイトル通り、1950年代あたりから現代までの、幽霊とか宇宙人とか化け物とかが大活躍する映画とその周辺の濃い記事満載。

現実の怪奇現象や怖い噂が映画化されると、現実がそれを後追いしてさらに噂や伝説が強化されるというのがかなり怖い。「エクソシスト」「オーメン」をはじめとする1970年代のオカルト映画ブームに影響されて、妄想が強化・エスカレートしてしまい、それこそ悪魔のような殺人事件をしでかしてしまった人々とか。悪魔は現実にはいなくても、悪魔がいると思い込んだ狂気にとり憑かれた人間は確実に存在するし、そっちのほうがよっぽど恐ろしい。

でも、硫黄島についての項で、英霊たちによる怪奇現象が信じる信じないというレベルどころか当たり前のものとして存在していて硫黄島に駐屯する人々を震え上がらせていたのに、平成6年の天皇皇后両陛下の行幸によって明らかに怪奇現象が減った、ってのを読むと、霊魂の存在は信じてしまいそう…。

★★★
ようやく冬が終わった…?山でヘビに出会うようになった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.