本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
桜見物のついでに
満開の桜の美しい様子は夫のブログで見てもらうとして。

日中、某市の桜まつりに立ち寄ったのだが、駐車場から会場へ向かって歩く途中、「汚屋敷」を発見(最近そういうブログばっかり読んでいるせいか、目ざとい)。ワイドショー沙汰になるほどのレベルではないが、比較的新しく、まだきれいな家屋なのに、家の周囲とかカーテンごしに見える部屋の中にガラクタが乱雑に積み上げてあって、明らかにある一線を超えているたたずまい。

「ありゃ無人の廃屋じゃないの?」と夫は言うが、「いや、汚部屋・汚屋敷ウォッチャー歴3年(←嘘)のわたくしとしては、あれは立派な現役居住汚屋敷と断言するね。まだ家自体は新しいのにあの乱雑ぶり、いい仕事してる」

“桜の樹の下には死体が埋まっている”的な、美しい桜の名所のすぐそばにある汚屋敷(かなり無理矢理なたとえ…)。いとをかし。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.