本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
面白すぎる日記たち
面白すぎる日記たち―逆説的日本語読本 (文春新書)面白すぎる日記たち―逆説的日本語読本 (文春新書)
(1999/05)
鴨下 信一

商品詳細を見る
平安時代の昔から天候を記す日本の日記の伝統、石川啄木が天候を記さなくなっていく心身の変化、日記を記す時間帯、監視下・死に至る病・戦地など極限状況で記される日記、東京裁判A級戦犯二人の同じ日の日記の比較、夢日記、文語体や口語体…いろいろな有名人の日記がつまみぐいのように楽しめる本。人物の紹介も的確で、いくらでもひきのばせる濃い内容を、面白さを損なわずコンパクトにまとめている。タイトル通り、日記の魅力満載。

★★★
部屋の整理整頓。あちこち分散して積み上げていたCDを一箇所にまとめる。

机の隣のカラーボックス一段目に詰めていた本を移動。処分するものをよりわける。空いた段に、事務作業のための必要物を並べる。

合間に姑の病院送迎、買い物、「下水管のチェックさせてください~」の訪問を追い返す。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.