本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
笑う介護
笑う介護。―ツライ日々を変えたのは「笑い」の最強パワーだった (sasaeru文庫)笑う介護。―ツライ日々を変えたのは「笑い」の最強パワーだった (sasaeru文庫)
(2007/09/10)
松本 ぷりっつ岡崎 杏里

商品詳細を見る
20代の若さで両親、おまけに飼い犬の介護生活に突入。けなげに頑張る筆者と、癌と闘うお母さんの明るさには頭が下がるが、逆説的につけたかもしれないこのタイトルに、痛々しさを感じてしまった。この母娘があまりにも気の毒。

筆者の父親(異常な甘いモノ好きで、糖尿病。自業自得で病気になったとしか思えない。あげく認知症になっちゃって自分の現状もわからない)にはひとごとながら腹が立つんですが…。

★★★
ウチの介護(が必要な)犬、何ヶ月もかけて弱ってゆく。だんだん出来ることが減っていく。今は目も見えない、耳も聞こえない、匂いもかげない、立つのがやっとでまっすぐ歩けない。寝たきり生活が目前って感じ。満17歳になった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.