本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
大奥 第5巻
大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)
(2009/09/29)
よしなが ふみ

商品詳細を見る
男女逆転時代劇、5巻目。

綱吉は、気楽な女将軍かと思いきや、いくら男女逆転社会になっても「女の業」からは逃れられない、という展開がなかなか良い。ただ、せっかくいいキャラが立ってた柳沢吉保(♀)の出番がもっと欲しかった。

この巻の末尾に八代将軍吉宗が、まだ日陰者だった少女として登場。行き詰まった綱吉時代の突破口となる予兆を感じさせる存在感。次の次の巻くらいで第1巻の吉宗時代へ戻ってくれるのかな。

★★★
歯に詰めた金属がとれてしまい、歯医者に。何年も行っていないので、他の歯にもさぞかしガタがきているかと覚悟して行ったら、とれた金属をまたくっつけて、それでおしまい。「あのー、歯石とかありますか?」とたずねても、「そんなに無いですよ。むやみにとったり、削ったりはよくないですよ」。

この歯医者は初めて行くが、とにかく治療は控えめにするところらしい。以前行っていたところは、「一度来た患者は逃がしません!」というしつこいところだったので(そのしつこさに気付いた患者が次々と逃げ出す)、その差に驚く。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
買いました
読みました。
「大奥」も大変気に入っています。
2009/10/25 (日) 22:47:26 | URL | らん子 #bHf/pF9E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.