本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
おのぼり物語
おのぼり物語 (バンブー・コミックス)おのぼり物語 (バンブー・コミックス)
(2008/09/17)
カラスヤサトシ

商品詳細を見る
著者名がそのまま題名になっている出世作「カラスヤサトシ」も読まずにこれを先に読む。

漫画家生活に本腰を入れようと大阪から上京したものの、なかなか仕事にありつけず、誰とも話さない一日が続いたりする、という上京当時を綴ったエッセイ風漫画。

閉塞感を綴った切ない前半から、後半、郷里の父親が病に倒れ…それと同時に著者の仕事運が上向いて行く展開。そういう何の関係もない人生の転換が同時に進行する運命の不思議。

地方から都会へ出てきて仕事を始めた経験のある人は、もれなく心の琴線に触れる内容ではないかと思う。

★★★
先月の静岡の地震で、崩れた蔵書で圧死した「43歳女性」がいたが、おそらく腐女子でしょうね。他人に思えない。同い年だし…とと、いつのまにかとっくに44歳になっていた。いつのまにか過ぎていった先月の誕生日。JALとかポイントサイトに祝ってもらいました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.