本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
アジ玉。3
アジ玉。〈3〉アジ玉。〈3〉
(2008/01)
黒川 あづさ

商品詳細を見る
この巻では、著者が愛するゴージャスな舅さんがお亡くなりに。国家的大人物であるからして、その法事には街中から(飢えた)食客2000人がやってくる。その気の遠くなるような人波を息子たちがさばく手際の良さは「まるでコミケスタッフ」。

光熱費も綱渡りなビンボー日本生活、対する桁違いのスケールのバングラデシュ生活。つい忘れがちになるが、タイトルは「アジアの玉の輿」の略。さしさわりのあるネタが多そうな感じだけど、次の巻は出るのか?

★★★
おととい、地区の忘年会の酒をひきずっているのか(?)、二日連続頭痛。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.